精密部品等に使われる「黒染め処理」

一般には黒染め処理と呼ばれる被膜処理です。

薄い被膜を形成し、寸法精度にはほとんど影響を与えないため、主に精密部品等に利用されています。

設備・工程

多種多様な表面処理設備があり、お客様のニーズに合わせて設定可能です。

アルカリ黒色酸化被膜処理

  • 脱脂
  • 水洗
  • 黒染
  • 回収
  • 湯洗
  • 水洗(2回)
  • 防錆油
  • 検査梱包

主力製品

主に精密部品等に利用されています。

概要・塗装有効範囲

一般には黒染め処理と呼ばれ、鋼鉄の材質に合わせて多様な液組成を使用します。

薄い被膜を形成し、寸法精度にはほとんど影響を与えないため、主に精密部品等に利用されています。

 

被膜が薄い・・・(1μm程度)寸法精度が要求されているものに適しています。

「油分」がきれると錆の進行が速くなります。

お電話・またはメールにて、お気軽にお問い合わせ下さい。

TEL.0533-66-0050(本社)

背景ロゴマーク

幸南工業株式会社

幸南化工有限会社